インパクトコンサルティングでは現場のマネジメント力向上、業務改善方法、業務革新、イノベーションのご提案をいたします。

インパクト・コンサルティングの特徴

インパクト・コンサルティングのコンサルテーションで実現することは2つあります。

1、トラブルなく、計画通り仕事がうまくいくこと。つまり業務成果を出すこと。2、人と組織が成長すること。

この2つを同時実現することがコンサルティングの狙いです。

インパクト・コンサルティングのポイント

こうしてつくりあげた強固な日常マネジメントを基盤に、業務プロセスや技術・プロジェクトの革新を進めます。インパクト・コンサルティングでは会社業績に直結する人づくり、マネジメントづくりを支援いたします。

インパクト・コンサルティングの特徴

インパクト・コンサルティングの最大の特徴は、実際に現在進めているプロジェクトや業務そのものを扱って成果を出すコンサルティングであることです。

また、めまぐるしく経営環境が激変する中では、
職場が今日から明日に向かって変わるくらいのスピードが必要になります。

そこで効果を発揮するのがインパクト・コンサルティングのもう1つの特徴、職場の現実を素早くとらえ、1ヶ月で職場を変える即効性があるということです。この2つの特徴が、職場環境の知力生産性を向上させます。
「知力生産性を上げる3つのポイント」コミュニケーション革新/問題・課題解決革新/チームワーク革新
コミュニケーション革新
仕事の段取りを取るコミュニケーションを超活発化させます。
「仕事の段取り=計画検討」の場でマネージャーとメンバーが顔をつき合わせて双方向、ワイガヤ、オープンマインドで頭の中で考えていることを見せ合い議論するコミュニケーションにチェンジします。
問題・課題解決革新
問題が起こってから解決に走り回るのではなく、未来の実現したい目標に対し起こりうる問題(インパクト・コンサルティングではこれを課題と呼ぶ)に対して事前に手を打つ、事後問題解決型から事前課題解決型へのチェンジを行います。
また個人で問題・課題に対処するのではなく、全員の知恵と力を合わせる「合知合力」による解決スタイルにチェンジします。
チームワーク革新
インパクト・コンサルティングでは「自分の役割発揮のために他人に働きかけること」をリーダーシップと定義しています。合知合力団体戦の中で各自が自分の役割を認識し、問題・課題解決のために人に働きかけてマネージャー、メンバーがそれぞれの役割を発揮することで真のチームワークが実現します。

コンサルティングコンセプト

企業が求めている従来にない結果を実現するためには、人に焦点を当て、実現したい未来に向けて組織と個人の力が発揮できるように仕事のやり方を変え、マネジメントのやり方を変えて仕事の結果を変えることにつなげることが必要です。

今、経営に押し寄せているインパクト

コンサルティングスタイル

私たちのコンサルティングスタイルは、スタッフ一丸となった知力団体戦です。

知力団体戦とは、チームで実現したい成果に向けて考えうるすべてのことに思いをめぐらせ手を尽くすことです。
私たちはインパクト・コンサルティングのコンサルティング思想の1つである「知力団体戦」をお客様に提案する限り、自らが実践します。
インパクト・コンサルティングのスタッフ全員がお客様の視点に立ち、実現したい成果に向けて最高のサービスを提供いたします。

私たちのコンサルティングスタイルは、スタッフ一丸となった知力団体戦です。

インパクト・メソッド展開イメージ当社の実績紹介
お問い合わせフォーム

ホームページ制作、ホームページ作成はこちら